ケンカの必要性とは・・?パート3

「ケンカの必要性とは・・?パート2」では
「良いケンカ」=「感情的にならない」ことを特集しました。

まだまだある!!「正しいケンカ」・「間違ったNGなケンカ」

今回は「間違ったケンカ」についてご案内します。

・「間違ったケンカ」

間違ったケンカに多いいのは・・「過去の出来事を蒸し返えす」

過去は過去。過ぎ去った出来事で、考えても考えても時間の無駄ですし、巻き戻すことはできません。

終わったことは「終了!!」

なのに・・過去を蒸し返してくるのは「NGケンカ」の要因になります・・。

具体的なエピソードを踏まえて、ご案内します。

テーマは、夫婦ケンカ。

奥さん「ゴミ出しをお願いしたのに・・何で忘れるの?」

旦那「いやー忙しくて・・忘れていたわー」

奥さん「この前もゴミ出し忘れていたし、いつも私の言うこと筒抜けなんだから!」

旦那「忙しいの!」

奥さん「ふん!私は我慢してばっかり!この前だって飲み会の後、酔っぱらってあなたの後輩が
家で大きな声出して、子供が起きちゃって大変だったのに!ストレス!」

旦那「その件に関しては、翌日謝ったよね??またその話?」

奥さん「それだけじゃない!あなたの実家に帰った時も、あんたは何もしないで食っちゃ寝ばっかりして
うんざりだ!」

旦那「それに関しても謝って、次回からは食っちゃ寝しないようにすると言ったよね・・」

奥さん「1週間前だって・・・」

と、エンドレスに過去を持ち返して続きます・・。

このようなケンカは「間違ったケンカ」に該当します。

この手のケンカは

ずーっと続いて、うんざりし、結論がでないまま、お互いストレスが溜まるケンカ。
=間違った意見の言い合いになります。

意見の言い合いの場では、「今」「NОW」に焦点を当てて下さい。
過去は過去。=過ぎ去ったことです。

良いケンカは「NОW」!
=「今」起きている事柄で価値観違いを交換しましょう!

・では、上記のエピソードを「良いケンカ」に変換しちゃいましょう♪

奥さん「ゴミ出しをお願いしたのに・・何で忘れるの?」

旦那「いやー忙しくて・・忘れていたわー」

奥さん「うーん。ゴミ出しはしっかりやってほしいんだ。重いから一人では持てなくて・・」

旦那「そうかー了解!」

曖昧な返事で・・
以前までのケンカで納得いかない要因を思い出してイライラが募っていても・・

今回のケンカ議題は「ゴミ出し」
ここでは、グーッと言いたい気持ちを飲み込んで!

奥さん・「うん。お願いね!」
=気持ちよく意見の言い合いが終了します。「正しいケンカ」

過去は過去!!過去は過去!

ケンカで
「過去の出来事を蒸し返えす」くらいならば、納得いくまで話合いましょう。

納得するまで話し合ったら、スッキリして、もう終わり!!

スッキリしないならば、まだ話し合う必要があることかもしれません。
=時間をかけて話し合うことで、見えてくることもあります。

良いケンカに繋げていきましょう!

如何でしたか?

今回は「間違ったケンカ」=「過去の出来事を蒸し返えす」でした。

実は・・まだ!あるんですよー「間違ったケンカ」(笑)

「間違ったケンカ」は、悲しいお別れのきっかけにもなります。

そうならないためにも、もっと読者の方に届けたい情報があります・・。

ケンカの必要性とは・・?パート4に続きます・・。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク