気になる年上の彼に話しかける

気になる彼に話しかけるのって、最初はちょっと緊張しますよね。しかも、相手が年上だったりするとなおさら。友達と一緒の食事や飲み会でせっかく一緒の場にいても、何を話しかけたらいいのかわからない、話題のきっかけが見つからない…そんなふうにお困りの皆さんには、ズバリ「相手の世代に合わせた行動・話題」が大切。それが「世代に合わせた雑談力」です。コレを身につけるとどんな年齢層の人とも会話で困ることが解消されますよ。

友人同士だと、男の子をバンバンたたいたり、男っぽいガサツな行動を取ってしまったりすることもあるでしょう。今の若い世代の女の子の中には、男勝りなのがカッコいいみたいな風潮もあるけど、違う世代の人にはけっして良く思われないですよ。気になる彼が同世代の若い子とかならまだしも、ちょっと年上とか先輩だったら、ちゃんと女らしい行動も心がけましょう。どこでも地べたに座ったり、人前でのメイク直しもお構いなし、パンツスタイルだからといってガバッと足を開いて座ってたり。

全てに気を使ってたら疲れちゃうけど、小さい頃に言われた「お行儀良く」ぐらいは守りましょうね。

例えば今の若い子にポケベル用語とかの話をしてもわからないでしょう?ヲタク言葉で話してたらいくらイケメンでもちょっと引いたりするでしょう?彼氏が「そのアイテム、ナウいね~♪」とか「○○タソ可愛くてギザ萌えw明日のデートがwktkだお」とか言われたら「意味わかんない!日本語喋れよ!」とか思うでしょう?

それと同じで、流行語などの使用は控えるべきですね。女子高生やギャルを中心に流行する言葉っていつの時代も必ずあるけど、そういう特有の言葉づかいは周りからしたらよくわからないもの。激おこぷんぷん丸とか、ネタ以外で使うのは避けましょう。ネタでも大火傷の危険性大ですのでご注意を。

バブル期のボディコンとか肩パッドの入った紫のスーツとか、今見たらなんだろう?ってすごく不思議な気持ちになりますよね。でも、当時を知る人にとっては懐かしいし、最先端の流行としてみんな着ていました。それと同じで、今の最先端で流行のファッションっていうのは、流行に敏感な当事者以外には少し不思議に見えてしまう。特に男の子は、女の子の間での流行には疎いもの。今年の流行を全部おさえた最新のファッション!よりも、まずはスタンダードで攻めてみましょう。

世代や環境によって、興味のあるものや価値観って変わるもの。

自分の話をしようとするんじゃなく、彼の価値観に合わせて会話をしようと心がけると、話題のチョイスも変わってきます。自分の知ってるものや好きなものの話を一緒にできると、距離がぐっと縮まりますよね。それには、相手が15~25歳くらいまでに流行っていたものをおさえること!自分の青春時代に追いかけていたものって特別な思い入れがあるし、そんな話題について一緒に話せたら仲良くなれること間違いなし。

少しずつ会話をつむいで、だんだん彼の好みや価値観を知っていきましょう。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク