クリスマスシーズンに告白するときのコツ

男も女もクリスマスにひとりぼっちは寂しいもの。クリスマスに恋人がいるって素敵ですよね。そこで今回は、クリスマスシーズンなのに片思いしている人のために、クリスマスシーズンに告白するときのコツを紹介します。

クリスマスに1人は嫌!
多くの女性は、「クリスマスに一人で過ごすのなんて恥ずかしい!」と思うのではないでしょうか。これは男性も同じで、「クリスマスなんだから誰かと過ごしたい」と思っています。迷惑かな、予定あるかなと考えている内に当日が来てしまうことのないよう、勇気を出して聞いてみてはいかがでしょうか。クリスマスに誘われるというだけで、相手も自分のことを意識してくれます。上手く誘えることができれば、二人の距離がグッと近づくことができますよ。

デートの約束をしたら
お互いクリスマスに一人は寂しいとデートをしている二人に、恋愛を意識させるのにはカップルが多い場所をデートコースに設定するとよいでしょう。無意識であっても周りにカップルばかりというのは、自分達もカップルなんだと錯覚させてくれます。恋愛真っ最中のカップルを見れば、相手も恋愛したくなるかも。クリスマスはなんといっても特別な日。相手はムードなんて気にしないと思うかもしれませんが、お互いの思い出に残る告白にしたいものです。夜景の見える高い場所や綺麗なイルミネーションの前、大きなツリーの前、素敵なレストランでなど、場所に気を使うだけでクリスマス告白のムードはグッと高まります。

告白するときは遠まわしに言わない!
普段の日の告白にも言えることですが、告白は「直接」「はっきり」伝えることが重要です。特に、せっかくデートまでこぎつけたのに、手紙を渡して告白や家に帰ってからメールで、なんてもっての外です。また、「好き」という好意だけ伝えるのも告白としてよくありません。もし両思いだったとしても、「好き」「私/俺も好き」とは言いづらいもの。最悪の場合「うん…」で会話が終わってしまうかもしれません。告白するときは、相手に直接、「付き合って欲しい」ということまで伝えるようにしましょう。

クリスマスと言えばプレゼント。告白することばかりに気を取られて、プレゼントの用意を忘れてはいけません。もちろん付き合う前か直後に渡すのですから、指輪などあまり重いものは避けるようにしましょう。簡単にお菓子や可愛らしい文房具などでも構いません。「あなたのために選んできたよ」ということが伝わるが重要です。

デートとなると、一日一緒にいて夜に告白というパターンが多くなるかと思います。ここで早まって告白をしてはいけません。お互いの雰囲気が高まってないときに告白してしまうと失敗率が高まるだけでなく、そこでお開きになってしまう可能性もあります。告白は雰囲気が良いデート終盤のタイミングでするようにしましょう。決して焦らないようにしましょうね。告白を成功させてカップルを成立させてください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク