結婚生活って、実際どうなんだろう?

結婚している方は、結婚して良かったなって思う瞬間はありますか?

結婚生活は、長い。

赤の他人が、一緒に屋根の下で暮らすのも大変なのに、育った環境も違うから価値観も違ってきます。

衝突することも結婚生活ではあると思います。

でも、結婚生活ってそんなに悪いものではありませんよ。

結婚生活について考えてみたいと思います。

・相手がいることに感謝。

誰もいない家に帰ることは、寂しいものです。

玄関を開けたら、真っ暗・・。ご飯もないし。おかえりも言ってくれない・・。
一人暮らしをしたことがある方は、経験あるのではないでしょうか?
最初は、一人の方が楽だし、開放感がグット!なんて、思いますが徐々に寂しさが増すものです。

この寂しさは、実家暮らしだとなかなか経験できないかもしれません。

家の明かりが付いていて、好きな人が待っていてくれる環境は幸せな環境です。
結婚生活もその1つ。

家で待ってくれる人がいる。
例え、ケンカしていても同じ屋根の下にいてくれる。安心感があります。

時には、顔も見たくない!!なんて状況もあるでしょう(笑)

でも、永遠にその状況が続くことは望まないと思います。

著者は、結婚して4年になります。

結婚して良かったなって感じる時は、お出かけして一緒の家に帰る瞬間。

付き合っている時って、お互い別々の家に帰りますよね。

その寂しさと言ったら「切ない気持ち」

でも、結婚生活は、同じ屋根の下に住む。=帰る家が同じです。

お出かけした場所の感想なども話せる環境。

著者は、寝るベットの上で、今日の出来事を話す瞬間が1番幸せを感じます!!

それも結婚して「相手」がいるからできること。

付き合っている状態では、家路に着いて、ライン「今日は、楽しかったね!」連絡。
直接会って伝えられないのは、寂しいです・・。

そう考えると、常に一緒にいてくれる相手がいることは、幸せなことなんです。

・でも、結婚生活が長いと・・

結婚生活が長ければ、長い程
「相手」が、常に一緒にいることが「当たり前」になってしまう。

そんな時は、旦那と距離を置くこと。

1日でも旦那さんと別行動してみて下さい。

例えば、

奥さんだけが自分の実家に帰省して、旦那は家で一人の時間を。

旦那さん、1日目は一人でいる楽しさを覚えるかもしれませんが、2日以降は寂しさを感じるようになってくるでしょう。特に、男性は寂しがり屋が多いと聞きます。

食事の準備がこんなに大変なんだ!洗濯するのって面倒なんだな・・。
妻の有難みも一緒に実感してくれるといいですよね(笑)

=結婚して「相手」がいることの有り難さが身にしみて実感できます。

この相手の有り難さは、妊娠し、実家で出産する期間に感じる旦那さんが多いようです。

お互いの存在が「当たり前」じゃないことに、気付く機会って大切ですよね。
このような機会は、夫婦仲が良くなる秘訣かもしれません。

結婚生活は長いので、時には、メリハリも必要!

時には、お互い一人の時間を持つ
=「結婚生活」を長く続けるコツでもありますね。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク