冬限定の効果的なスキンシップテクニックで彼との距離を縮める

人肌恋しくなる時期こそ、ボディタッチで気になる彼とお近づきになれるチャンスです。気になる男性に、ちょっとしたスキンシップを仕掛けることで、もっと仲良くなれたら。そう思っている女性は、少なくないはずです。とはいえ、控えめにしすぎたら気づいてもらえないかもしれないし、やりすぎると逆効果になる可能性もあり、どんなスキンシップが「効果的」なのか、迷うことも多いと思います。かわいくボディタッチをして彼との距離を縮めましょう。

まずは服を引っ張ってみましょう。「なれなれしくできるほどの間柄ではないが、できればもう少し仲良くなりたい」という微妙な距離感にあるとき、さりげなく親しみを表現する方法として、気軽にできるスキンシップです。

「手、寒そうだよ」と言いながら、男性の手を握りましょう。彼の手のほうが温かかったら「あっためて」と甘えちゃいましょう。男性のコートのポケットに手を入れるのも良いですね。手をつないだ流れでグイッとポケットに手を入れると、さらに男の子をドキドキさせられそうです。一つのポケットを共有することに、喜びを感じる男性もいます。気になる男性には、積極的に「入れさせて」と甘えてみてもいいでしょう。直接手と手が触れ合うことにドキッとする男性は多いようです。また、女性の方から「手が冷たいからつないでて」と積極的につなぐのも、男性はうれしいようです。

「寒いよぉ」と言いながら、自然に体をくっつけよう。突風が吹いた瞬間をうまく利用すると、自然に寄り添えそうです。スキンシップに抵抗がある女性でも、直接触れずに男性をドキッとさせられる方法といえそうです。男性が照れてもっと赤くなったら追い打ちをかけるように「わ、真っ赤」と両手で触れてみましょう。顔に直接触れることが、特別な間柄だからだと感じる男性もいるようです。男性によっては、驚いて顔を背けてしまう人もいるので、注意しましょう。

ふざけて、冷たい手で男性の首や背中に触れるのであれば、さらに自然に彼を触れるのではないでしょうか?ただし冷たすぎるとマジギレされるかもしれません。スリ手をして温めてから触りましょう。ふざけ合える女性に対して、キュンとする男性もいるようです。ただし、男性によっては怒ってしまう恐れもあるので、ふざけても怒らない人かどうかを見極める必要があるでしょう。

ちょっと上級テクニックですが、「顔が寒い」と言って、顔を男性の胸にうずめます。「頼られてる」と、男性の心をくすぐる効果もあるといえそうです。また、うずめた顔を少し離して上目遣いで見つめれば、キュンとする男性もいるでしょう。「あったかい」と上目遣いで笑顔になれば、彼のハートはがっちり掴めるでしょう。

「寒さ」を味方につければ、いつもより大胆になれるかもしれません。彼の「寒いね」の一言が、試すのに格好のタイミングと言えそうです。さりげないスキンシップより、少し大胆な方が男性をドキッとさせられるようです。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク