スキー場でかわいく見せる方法

日帰りで一日中楽しめる場所、スキー場。サークルや友達同士、あるいは恋人同士でこの冬スキー場に行くって人、結構多いのではないでしょうか。

女子はどこに行っても何をしてても「かわいい」って思われたいですよね。特にスキー場は「ゲレンデマジック」という言葉があるほど、女の子みんなの可愛さが上がっている時。つまり、意中の男子が他の女子に気が向かないよう、女の子はいつも以上に頑張らないといけないのです!

雑誌でよくワンランク上という言葉が使われるように、いつも周りより”少し上”でいたいと思うのが女の子。もちろん、ゲレンデでも。サークルで意中の男の子をゲットしたい方、恋人にもっとかわいく思われたい方、その他狙っている男子がいる人は女子力を上げていきましょう。

帽子&ゴツめ眼鏡で小顔効果を狙いましょう。今流行りのスキー用サングラスよりも、ゴーグルの方がおススメ。ゴーグルをするときには、鼻をつぶすような感じで下めに装着すると、小顔に見える効果がありますよ。

女の子が寒そうにしている姿、男の子にはかわいく見えるみたいです。でも、寒そうにしてることが重要なのではなく、あくまでそれに垣間見える女子らしさが”可愛い”と思わせるのだそう。スキー・スノボを持つのに”頑張ってる感”をだしましょう。

女の子ががんばってる、そう、男の子に「助ける」という隙を与えます。でもいきなり「持って」ではなく「頑張ってるけどちょっと大変」という雰囲気を出すのがポイント。つまり最初から弱音を吐かず頑張ってる姿に、男は手を差し伸べたくなるみたいです。

リフトで隣の席をゲットしましょう!リフトは彼と急接近できる最大のチャンス。他の人にジャマされることなく、彼との距離を縮めることが出来ます。シャイな子ほど、「リフトで一緒になっただけ」という口実を使って、隣の席を確保してみてはいかがでしょうか。

好きな彼も一緒の場合、「寒~い」といって少しくっついてみるのも一つの手。リフトですればより自然に。さらに密室のような空間だからドキドキ度もUPしますよ。短いようで意外と長いリフトの時間、会話に詰まったら少し面白そうなことを言って、彼の笑顔を引き出しましょう。

ちょっとしたボケは、会話を弾ませる一つの要素。大笑いを起こす必要はありません。日常の会話の中で、「クスッ」とした小さな笑いを起こさせると、相手は安心感を覚えます。計算して少しボケてみるのも良いですよ。

会話がうまく進まないなら、お菓子作戦です。お菓子は持ってるだけで話しかけるきっかけにもなりますし、また近くにいたいときの口実にもなります。近づいてたくさんお話ししたいけど、どうすればいいかわからない。あるいは話しかける勇気が出ない、という方はお菓子作戦を使ってみるのもありです。

近づきたいなら、積極的になりましょう。スキー・スノボなんてそんな、出来ない、、なんて方でも大丈夫。だったら素直に教えてもらえば良いんです。ちょっと出来る子でも、苦手なんだーとか言って教えてもらいましょう。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク