気になる男性とクリスマスを過ごすために

クリスマスを気になる人と過ごすには、直前にじたばたしても遅いかもしれません。では、早いうちからどんな行動を起こせば男性へのアピールにつながるのでしょうか。

二人で会う口実を作って、クリスマス前に顔を合わせる機会を増やすことが大切。二人で会う頻度が増えれば、自然とクリスマスへつなげやすくなるようです。「今度飲みに行こうよ」と、あまりデートを意識させない誘い方のほうが違和感がなくていいでしょう。

「クリスマスに予定がなくて焦っちゃう」と軽く自分の状況をもらすのも必要。予定のないことをグチるふりをすれば、暗に「空いてるよ」とアピールできそうです。誰にでもぼやいていると思われないよう、「実は誰にも言ってないんだけど…」と前置きするといいでしょう。「あなたはクリスマスどうするの?」と相手の予定を聞いてみることも忘れずに。男性がクリスマスのことを考えるきっかけを与えられそうです。「友達と過ごすかも」といった返答には、やや大げさにガッカリしてみると相手が意識してくれるかもしれません。

積極的なタイプの人なら、「あなたのクリスマスはもう私が予約したからね!」とちょっと強引に約束をとりつけるのもいいでしょう。男性に「しょうがないな」と思わせることで、なし崩し的にデートの約束をとりつけるパターンです。クリスマスに向けて気分を盛り上げられるように、デートの行先など具体的なプランを提案できるといいでしょう。

誰にも彼を渡したくないなら、「一緒にクリスマスを過ごしてくれない?」と早いうちからストレートに伝えましょう。想いをはっきりと伝えることで、男性も責任感を抱くようです。「ちょっと考えといてね」とその場で返事を求めないようにすると、重い印象を与えずに済むでしょう。

彼と一緒にいるときにクリスマス仕様のショーウィンドウを見て「きれいだね!」とはしゃぐ姿を見せましょう。少しくらい大げさなくらいはしゃいでもOK。無邪気な反応が男性に「楽しいクリスマス」のイメージを抱かせるようです。「そういえば、○○もライトアップされるんだって」と、イベント情報につなげれば会話も盛り上がるでしょう。「どんなクリスマスを過ごすのが理想?」とクリスマスデートへの夢を聞き出すのも一つの方法。理想のクリスマスを想像させることで、男性の気持ちを高めることができそうです。友人が計画しているクリスマスデートやイベントを話題にしてみると、質問を切り出すきっかけになるかもしれません。

「お互いパートナーをみつけられなかったら一緒に過ごそう」と控えめに誘ってみましょう。男性に負担を与えずに気を引くことができそうです。直前になってこの話題が再び持ち上がった場合は、さらに男性の意識をクリスマスに向けるため、「もう予約がいっぱいのレストランもあるみたい」などと付け加えてみましょう。「本当はあなたと過ごしたいんだけど」ともう一押しするといいでしょう。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク