40代の彼氏は素敵

みなさんは、世間でいう「オジさん」年齢の男性と付き合ったことがありますか?一度でも付き合ったことのある方なら、その魅力はもうおわかりのはず。一方、今までずっと同年代と付き合っている方でしたら、10歳20歳、よもや30歳も年上だなんて、きっとハードルが高く感じられるかもしれません。

40代男性は知識が豊富です。ニュースや新聞を見ていてわからない時は、カレに聞いてください。生き字引、とまではいかなくともその情報量には敵いません。よきアドバイザーにもなってくれますよ。人生経験も豊富なもの。酸いも甘いも経験済みのカレは、良いアドバイスをくれます。

経済的に安定しているので、食事の場所やお会計に関して心配することは何もありません。食べさせてくれる事に感謝の言葉を伝えると、とっても喜んでくれます。年下男子や同年代男子にヨシヨシとされても、「ごっこ」感が否めませんが、40代彼氏なら昔父親にしたように自然な行為です。年上好き女性がファザコンと言われる所以でしょうか。

40代男性とは喧嘩にもなりにくいです。同年代の場合、一度ゴングが鳴ってしまうとどちらも折れずに悪循環となりますが、40代彼氏は心が広いので、あちらが上手い具合に消火してくれます。

年上だからと言って結婚アピールはほどほどに。女子の結婚願望にもある程度理解のある年上男子だからこそ、激しいアピールが逆効果になることも。特に、二人の年齢が離れている場合に多いのですが、若くて結婚願望が強い女子が男子に結婚をせかした場合、「まだ彼女は若いのだし、自分よりもほかの結婚願望のある人と一緒になった方がいいのでは?」とむしろ別れの方に考えがフォーカスしてしまいがち。ある程度の年齢の男子が一人でいる場合、一人の生活に価値を見いだしているからこそ、と言うケースは少なくないので、ごり押しはやめましょう。

「男は教えるのが好きだから」と、何かと質問したり、聞かれたことにも深く考えずに「わからない」なんて答えていませんか? 親しくなるにつれ、年上男子からも相談をされたり、何かを聞かれるシーンも出てきます。そんな時、彼らが求めているのは、わからないなりにでもきちんと考えて答えてくれる真摯な態度です。「知らない方が可愛いでしょ?」と、わからないフリをしたり、よく考えずに答えるなどの態度は彼らを失望させます。

年下女子の若さにキュンとくる年上男子は多いですが、アピールの仕方を間違うと「この子とは合わないな」と思われる原因に。親しくなってもかたくなに敬語を使い続けたり、堅い呼び方を通されると、礼儀正しい子なんだろうな、と思いつつも、一線を引かれているような思いをさせることも。距離感を測りつつ、打ち解けた様子も見せましょう。

また、5歳以上年齢差がある場合は「彼の趣味」「学生時代の話」などに出てくるアイテムに対して、安易に「知らなーい」と言ってしまうと、「若さ」よりも「年齢差」を強く感じさせ、「おじさん扱いされてる」「合わない」と感じさせてしまいます。要注意!

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク