年の差カップルでも幸せに愛を育む方法

最近、年の差カップルが増えているようです。彼氏が年上で、しかも10歳以上も離れていると言うカップルも珍しくなくなりました。このように年の差カップルが増えたのは、恋愛に年の差なんて関係ないと考える人が多くなったからだと言えます。しかし、年の差カップルは、障害も多く長続きしないと言うイメージがあります。そこで、年の差カップルでも幸せに愛を育む方法を紹介します。

年の差カップルが長続きしない原因には、基本的なルールを守らないことにあるようです。どのような恋愛においても基本ルールはありますが、年の差カップルの基本ルールはどのようなものなのでしょうか。

まず、ケンカをしたときに相手の年齢を原因にしないことです。年齢が上だから理解してもらえないと考えてしまったり、怒りにまかせて「年寄り!」などと相手を傷つける言葉を使ってしまうと年の差恋愛は終わってしまいます。また、周囲の目を気にするあまり、彼の年齢を若く偽ることもルール違反になることがあります。

一番大切なことは、価値観を理解するとです。育ってきた時代が違うので、価値観も違っていて当然です。自分の価値観を相手に押し付けるのではなく、相手の価値観を認めることがポイントです。価値観を理解すると言うと、堅苦しいイメージや難しいと思うかもしれませんが、そんなことはありません。相手の考え方などを「おもしろい!」と感じるようにすれば、価値観が理解もできますし新しい考え方もできるようになるので、自分の世界観が広がります。

彼氏だからと言って、やはり相手は年上です。ですので、同等と言う態度をとっていると知らず知らずのうちに彼のプライドを傷つけてしまうかもしれません。ですので、時々「あなたのおかげで、教養が身に付く」や「若い男性よりも知識が豊富でステキ!」など彼に対して、尊敬しているんだよと言う言葉をかけることで、彼のプライドが傷つくこともありませんし、尊敬されて嬉しいと感じてもらえます。

よく、「会いたいからすぐに来て!」などわがままを言う女性もいます。しかし、年齢が離れている男性は、社会的地位もそれなりのものがあります。ですので、わがままを言われても仕事の都合もあるので、会いに行くことができません。寂しい思いをするかもしれませんが、仕事を優先させてあげることで彼も理解してもらっていると感じますし、女性に対して大人の考え方が出来る人だと思うので、より良い関係を築くことができます。

やはり、同じ趣味を持つことが年の差恋愛を長続きさせるにはいいようです。お互い共通の趣味があれば、それだけで会話もはずむので、二人で新しい共通の趣味を探すもの楽しいようです。年の差恋愛をしていて、友達に彼の年齢を若く偽る人もいます。

しかし、それはNGです。もし、彼に知られてしまった場合、彼を傷つけることになります。ですので、自信を持って年の差恋愛をしていることをオープンにすることで、ウソをついていると言う後ろめたさも感じなくてすむので、気持ちも楽になります。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク