年上男性に気に入られるためのコツ

年の差なんて関係ない!とも言われますが、誰でも気になる男性の年齢を気にしてしまいますよね。女性の大半が年上の男性に好意を抱くことが多いのは、生物学的な理由もありますが、やはり、守ってもらいたいからですよね。では、年上の男性に気に入られるためには、どうしたらよいのでしょうか。年上男性とお付き合いしたいのに、どうしても上手くゲットできない、お付き合いが長く続かないアナタ、ちょっとしたコツがありますよ。

相手は年上なのですから、丁寧な言葉遣いをすることが基本です。初対面のときに、まずゆっくりと丁寧に自己紹介することで、落ち着きを醸し出しましょう。落ち着きが無ければ上品さも出ませんよね。そして、歯を見せずににっこり微笑みます。笑顔の相手をいきなり殴る人はまず居ません。鏡の前で笑顔の練習をしてください。

褒められて嫌な人はいませんね。でも相手は年上なのですから口先だけの「すっご~い!」は止めましょう。小手先の技術なんて見破られてしまいます。この場合の「褒める」とは「男性の発言で感心することがあれば、素直にその意思を言葉にして伝える」と解釈してください。「さすがですね」「なるほど」「そうですよね」など、しっかり相手の目を見て、尊敬の気持ちで接するようにしましょう。アナタが落ち着いた様子で尊敬の眼差しなんぞを向けたら、男性は(内心で)悶絶するかもしれません。

年上男性からは、あなたが年下であるということを前提に見られることが多いでしょう。見た目も若くて、相手よりも経験を積んでいない分、頼りなく見えるかもしれません。しかし、一人の自立した女性として見てもらうためには、たすけて、お願い、も初めのうちだけにしておきましょう。子どもに見られてしまっては、恋愛対象にはならないですよね。

自立するためには、社会的責任を持ちつつ自分の人生を楽しく生きるということがとても大切だと思います。趣味や特技、将来の目標、日々の努力、若いということは希望があるということです。「この人と一緒にいると、なんだか俺まで幸せになれるんじゃないか・・・」と思わせられる女性を目指しましょう。

相手が年上であればあるほど、家事に対する大切さは増していき、結婚に対する考えもシビアになっていくのは当然です。年下であろうとも、あなたは女性です。彼にないものをたくさん持っているはずです。視野を広く持ち、同時にいくつかのことをこなすことができ、少しの変化にも気づきやすい、生物学的な女性の長所でもあります。あなたの女性力をフル回転させましょう。うまくできなくたっていいんです。「料理上手」とは、料理に費やした時間の多い人、とも言えますからね。

なにはともあれ、あなたは若いんです。それだけで十分魅力的であるはずです。若いということは、体が強いということ。健康で長生きしてくれる女性はとても魅力的なはずです。若い人と一緒にいる人は気分も若くなります。一緒にいると、元気が出る人を目指してみましょう。

若い女性は、うらやましがられる存在です。弱い部分を見せることで、「守ってあげたい」と思わせようとしなくても、自然とできているはずです。女性を意識させながら、健康な女性を目指してくださいね。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク