気になる年上の男性が自分のことをどう思っているかわからない…

個人差はあれど男性は基本的に女性に頼られたいのではないでしょうか。自分より華奢でか弱い女性と接することで、無意識に放っておけないと思ってしまい、そこから恋愛感情に発展することも多々あるでしょう。そんな男性陣が自分より年下の女性に対して抱く感情が恋愛感情としてうまく成り立ってくれればいいのですが、親密な関係になりすぎて妹のような存在として扱われてしまうことも少なくありません。

「職場で気になる男性上司がいるけれど、相手は自分のことをどう思っているかわからない…」という悩みを抱えている人は少なくないはず。行動を起こそうにも、仕事をする場だけに周りへの気づかいも必要になってきます。大胆すぎるアプローチで相手の男性や周りを引かせて、恋も仕事も失う…なんてわけにはいきません。そこでさりげなーく彼に自分の気持ちを伝えてみませんか?「あれ?アイツ俺のこと好きなのかな?」と相手がこちらのことを意識するようになったらしめたもの。では職場で使えるさりげないアプローチ方法を紹介します。

出社時の挨拶などはチャンスです。ただ普通に挨拶するだけでなく「あっ〇〇さんだ!嬉しい!」という表情を一瞬作ってから笑顔で挨拶してみましょう。何かを見つけた時や驚いた時って体がちょっとピクッと動いて、目がちょっと開きますよね?この動作を嬉しそうにやるのがポイントです。

鉄板の方法ですが、女性に頼られるとやはりたいていの男性は嬉しいもの。チャンスがなかなかない時は、漢字の読み方を聞いてみるのはどうでしょう?書類の中のちょっとややこしそうなものなどを選んで「何て読むのでしょうか?と聞いてみましょう。ちょっと恥ずかしそうに言うと、かわいいですね。

忙しく働いていると、パソコンを見ながらとか作業をしながら人と話すということをしてしまいがちです。けれど彼と話す時は、体をちゃんと彼の方へ向けて話しましょう。「あなたの話をちゃんと聞いています」という姿勢を見せることが大切です。いきなり体を向けると彼もびっくりしてしまいますから、ゆっくり自然に動くほうがいいでしょう。女らしさも出せます。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク