バレンタイン当日に男心をわしづかみにするテクニック

バレンタインは、今や恋の聖人のお祭りというよりも、チョコレートの祭典。この時期にしか手に入らない、海外の名ショコラティエの作品を味わうべく、デパ地下をはしごしたりお取り寄せしたり…自分チョコ探し、楽しいですよね。最高にエキサイトします。

でもちょっと待った! 先日、新成人の約8割が「恋人無し」というニュースを見て、老婆心ながらこれはいかんと思いました。婚活はしても、恋愛しない大人たち。これは寂しすぎます。特に女性にとっては、恋はキレイのための最高のポーション。そして一方のチョコレートは、恋のための最高のポーションであること、知っていましたか?

フランスではこちらの効能はずっと昔からお馴染みのようです。カサノヴァやサド侯爵といった歴史的に名を馳せる肉食男子はチョコレートの熱烈な愛好家で、その恩恵にあずかっていたとか。マリー・アントワネットのライバルで、フランス国王はじめ数々のセレブ愛人をものにしたデュ・バリー夫人も、チョコレートのマジックを自分にも恋人にも利用していたそうです。

まずチョコレートは、カカオ70%以上配合のものをセレクトして余分な糖分をカット。カカオのポリフェノールやミネラルによるアンチエイジング効果も高カカオの方が期待できます。

これをできれば夜、できれば気になる誰かと食事を楽しんだ後に、コニャックやカルバドスといった薫り高い食後酒と共に頂きます。これは空腹時よりも食後の方が、糖分が脂肪分に変わりにくく、食後酒はチョコレートのアロマを増強させるとともに、消化を助けてくれる働きがあります。

そしてチョコレートはゆっくりと舌の上で溶かし、なめらかな舌触りと広がるアロマをじっくり楽しみます。するとベータ・エンドルフィンという快楽物質が脳内にあふれ、ハッピーなオーラがあなたを包み込みます…。

バレンタイン目前。チョコレートも選び、洋服も決まった。あとは渡すだけ。男心をわしづかみにするテクをチェックして、14日を迎えましょう。

一緒にいるだけで安らかな気持ちにさせてくれる癒し系になれば彼もあなたとの時間でほっこりできるでしょう。癒し系な女性とは、男性との会話も上手なのです! しかに仕事で疲れたり、落ち込んでいるときなどに、優しい言葉を掛けてくれたら嬉しいものですよね。会話に気を付けるだけで、男性が好きな癒し系女子になることができるのです。

当日、彼を褒めてポイントアップを計りましょう。むやみやたらと褒めればいいというものではないし、いいと思ってないところを褒めても逆効果です。やっぱり「褒め方」にコツがあると思うのです。髪型や服装、靴、時計など、身につけているものの変化に気づきましょう。「私はあなたのこと、ちゃんと見ているよ」アピールです。

女子が一年で一番勇気を出す日がバレンタインデー! 友チョコしかあげないという女子も気になる男の子を誘って食事にいくだけで、相手から「お?おれのこと気になっている?」と思わせることができるかも。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク