冬は手つなぎデートがオススメ

寒い冬は、デートには絶好のシチュエーションです。寒いと、熱を求める欲求が強くなり、体を寄せ合いやすくなります。普段、手をつなぐチャンスがない女性は、寒い日のデートこそ、手をつなぐ絶好のチャンスです。冷え性の女性なら、手が氷のように冷たくなっているはずです。寒い冬こそ「手が冷たくて痛いよ。温めてほしいな」と言いましょう。「手が冷たい」だけでは物足りません。

ポイントは、痛みまで訴えかけることです。少し恥ずかしいかもしれませんが、勇気を出して言ってみましょう。「手が冷えて痛いよ。温めてほしいなあ」反則わざとも言える一言です。そう言われると、男性は助けるしかなくなります。実際に、冷たくなっている手を男性に触ってもらうといいでしょう。困っているので断れない。頼られているので、期待にも応えたくなります。手をつなぐ口実が自然とできあがるのです。

冷え性というハンディがあっても、武器に変えましょう。寒い冬、冷え性の女性が頑張ってデートをするとき、神様からチャンスが与えられるのです。寒い日は、確実に手をつないでデートができる日なのです。デートで相手と手をつなぎたいが、うまくタイミングがつかみにくいものです。たいていの場合、雰囲気の流れでOKです。

もちろんすでに付き合っている仲であれば、出会ってすぐ手をつなぎ始めていいでしょう。しかし、好きな人と初めてのデートをするときは、タイミングがつかみにくいものです。多少なりともまだ警戒心が残っているものです。冬場に限った方法ですが、うまい方法があります。デート中には、相手の手に一瞬触れる瞬間がありますね。たとえば、文化施設でチケットを手渡したり、飲食店で飲み物を渡したり、買ってきたジュースを手渡しするときなどです。一瞬、相手の手に触れたとき、少しだけ演技しましょう。「手が冷たいよ。風邪を引くよ。温めてあげる」少し驚いて、心配しているそぶりを見せましょう。「冷たい手を温めたい」という理由であれば、手に触れることを許してもらいやすくなります。

寒いとき、人間は温かいものに触れたい欲求が普段以上に強くなります。寒い冬であれば、手を温めたいという理由で手を握らせてもらいやすくなります。温めてあげる優しさをアピールできますし、冷たい手を温めてもらえれば相手も喜ぶことが多いのです。気をつけたいのは、いきなり最初から強く握らないことです。

いきなり握ると、相手は驚きます。最初は握るのではなく、触れるのです。触れる。それから、握るのです。ゆっくり静かに手を触れてみましょう。そこで相手が嫌がれば、手を引っ込めるはずです。もし相手が嫌がらなければ、握ればいいのです。タイミングは「デートの中盤」がおすすめです。出会ってすぐ手を握るのは、初めてのデートでは少し抵抗が大きく、拒否されやすくなります。お互いの会話が盛り上がったデートの中盤に、そっと手を触れましょう。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク