恋愛のNG行為とは?

恋愛は何でもOKではありません。親しき仲にも礼儀ありということわざがあるように、恋愛関係においても、越えてはいけない一線というものがあります。よって、今回はそのような恋愛のNGを紹介したいと思います。

人には口出しされたくないことがある
誰でも、他人から文句を言われたくないことの一つや二つは存在します。口を出されることで、その人に対して嫌な気持ちになってしまいます。よって、恋愛関係に発展しそうになった場合でもそのようなことに関してはできるだけ触れないようにしましょう。

仕事
仕事の愚痴や悩みを吐露する場合があります。しかし、それに対しての反応は慎重にしなければいけません。相手は聞き役を求めているのか、それとも、アドバイスを求めているのか、それは非常に大事なことです。ただ、あまりその人の仕事に関して否定的なことは言わないようにしましょう。

特に仕事は個人の尊厳に関わる重大な事です。安易な発言で、相手の怒りを買うことは避けましょう。

趣味
趣味嗜好が合うというのは意外と難しいものです。基本的はお互いに関知せずという態度でいましょう。もちろん、趣味が行き過ぎて迷惑をかけている場合は別ですが、基本的に趣味の世界は未知の世界です。素人が土足で入れば、それは怒られます。趣味はその人にとって大切な領域です。変わった趣味だと思ってもそこは何も言ってはいけません。何か意見を求められても当たり障りのないことを言っておけばいいのです。決してその人の趣味を否定しないようにしましょう。

ファッション
男女共にファッションに文句を言われるのはあまりよい気分ではないでしょう。ここで注意して欲しいのは、ファッションに無頓着な人の場合にも当てはまることです。ファッションに無頓着だからといって、相手から何を言われても良いわけではありません。これは意外な落とし穴です。

食事の好み

飯の恨みは怖いという言葉があるように、食事の好みが違う場合は一緒にいることはかなり大変になるでしょう。ちょっとした塩加減でも言い争いになるものです。これは事前に合うか否かを確かめるしか方法はありません。一緒に食事に行けばどのような好みかが分かります。あまり食事の好みが違っていると、ちょっと付き合っていくことは考えたほうが良いかもしれません。ストレスばかりが貯まってしまいますから。

恋愛について

過去の恋愛について根掘り葉掘り聞いたり、言ったりすることはやめましょう。知らないで良い事実というものもあるのです。
特に男女の感覚の違いで、大丈夫だと思って言ったことが致命的な結果を招くなどということもあります。これに関しては沈黙が金です。

基本的に恋愛はお互いに好きであることが前提です。よって、その上での喧嘩などは嫉妬やうっとうしさなどが理由になります。

もちろん、恋愛関係にあるので、仲直りできる可能性は必ずあります。しかし、あまりミスを犯し過ぎるとそうならない場合もあるので気をつけましょう。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク