遠距離恋愛を長続きさせるコツ

新学期の季節ですね。恋人の進学や就職がきっかけで、近距離恋愛から遠距離恋愛になってしまった方もいるのではないのでしょうか。物理的な距離が離れてしまったせいで気持ちまで離れてしまうのは嫌ですよね。新学期を迎えても恋愛関係がうまく続くようにお互いが相手を尊重することが大切です。相手を尊重するだけでも恋愛はうまくいきません。それだけではないのです。そこで、遠距離恋愛を長続きさせるコツをご紹介します。

相手の時間を尊重する
1つ目のポイントは、相手の時間を尊重することです。遠距離恋愛になると、近くにいた時に比べて相手が今何をしているのか、忙しいのか暇なのか、わかりにくくなります。そうなると、不安も募ってすぐ連絡をとりたくなりますよね。あまり頻繁に連絡を取るのもどうでしょう。

相手は新学期の授業で忙しいのかもしれません。またバイトで忙しくしているのかもしれません。どうしても電話に出ることができない時、メールを送れないほど忙しい時もあるのです。「電話にでてくれない」「メールがすぐに返ってこない」と相手の生活時間を自分中心に考えてしまうと、相手の負担になるばかりでなく、自分も疲れてしまいます。

相手の生活が見えない分、相手にも生活がある事を念頭に置き、相手の時間を尊重することが大切です。相手を信用しているのであればあまり束縛しすぎないこと。

不満は言葉にして伝える
2つ目は、不満をきちんと伝えることです。近距離恋愛に比べて会えない分、会う時は楽しくすごしたいから、もしくは電話で険悪になりたくないからと、不満を伝えることを避ける人が多いようです。

しかし、不満を伝えずにためていると、それが自分にとってのストレスになり、恋愛を続けていくのがおっくうになってしまいます。会えないからこそ、不満があればきちんと伝え、喧嘩ではなく話し合ってその都度解決するようにしましょう。お互いがストレスなく恋愛関係を続けて行けば長く続けていけるでしょう。

相手を信じる
最後に、遠距離恋愛において一番大事なことは、相手を信じることです。上記の2ポイントは、相手を信じて思いやっていないとできないことです。また、相手を信じていないと会えない分どんどん不安が募り、恋愛を続けることが難しくなってしまいます。難しく考えることをやめ、相手と恋人同士であることに自信を持ち、相手を信じましょう。そうするだけでかなり気持ちが楽になると思います。

会える時間が限られている分、一人で悩むことが多い遠距離恋愛は辛い事も多いことでしょう。会えない時間を相手のことばかり考えるのではなく、自分を磨くためにも時間を使いましょう。相手に依存するばかりでは楽しい恋愛関係は築けません。自分磨きを行って自分を高めていくことができれば、久しぶりに合った時に、相手はあなたの変化にもっと恋心がアップすることでしょう。上記のポイントに気をつけ、楽しく関係を続けてください!

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク