新しく友人をつくるコツ、恋人を作るコツ

新学期になり新しく入学した人も学年が上がった人もドキドキだと思います。新しい環境での友人作り、仲良くなりたい人がいてもなかなかどう切り出せばいいか難しいですよね。そんなあなたに、友人をつくるコツまた、恋人を作るコツをお教えします。

人間関係は最初の3ヶ月で形成されるとよく言う通り、その3ヶ月の間に友人にならないと話しかけられるタイミングや仲良くなれる機会が極端に減ります。逆に最初の3ヶ月の間に仲良くなれれば、滅多なことがない限り一人ぼっちになることはないでしょう。ただ友人をつくる、と言ってもいきなり「友達になろう!」ではなかなか友達は作れません。一番重要なのは話しかけるタイミングです。

新学期、特に入学して間もない頃などは特になのですが、友人を作るためにいろいろな人にどんどんと話しかけていく人がいますよね。それをいいことに「私にも話しかけてくれば……」と受け身になってはいけません。そういう人は最初はみんな均等に話しかけてくれますが、だんだんとグループを作って話しかけてくれる機会が減ってしまうことがあります。なので大切なのは、興味のある人に積極的に話しかけていくことです。

ここで人見知りな人は挫折してしまうかもしれませんが、頑張るべきなのは3ヶ月のみです。3ヶ月のみ頑張るか、そこから1年ひとりになるかなので、少しだけ勇気を出してみてください。

気になる人を見つける
クラスの中で「あ、友達になりたいなー」なんて思う人はいませんか?なんとなくだけど気が合いそうだとか、たまたま他の子と話しているのを聞いて好きなものが同じだとわかった、など。

特にいなければ、クラスを見渡してみてください。休み時間など一人で本を読んでいたりする子や他クラスに移動している子、隣に座っている子、教室移動の時一人で移動している子など、一人でいるタイミングがある子を見つけてください。席が近い子のほうが声はかけやすいと思います。

一人でいるタイミングに話しかける
先ほども書いた通り、話しかけるタイミングが重要です。一人でいるときは、よっぽどの理由がない限り話しかけると応じてくれます。注意点としては、暗い顔で話しかけるとなぜ話しかけてきたのかな?と疑問に思われたりあまり良い印象をもたれないので、髪が長いのであれば表情が見えるように整え、笑うなら笑う、驚くなら驚く、とはっきりとリアクションをすると良いです。

学生時代の友達は一生の宝になることが多いです。ですがその分、作るのは難しいと思います。友人0の状態から1にするのには大変苦労しますが、1人友人ができればその友人の友人、などと2人、3人にしていくのは割と簡単です。

後は3ヶ月頑張り、それとなく付き合っていければ、一生の宝となる友人も作れるでしょう。友人になろうと話しかけられて嫌だと思う人は少数です。最初だけ頑張って勇気を出し、楽しい学生生活を送ってください。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク