美人なのにモテないのはどうして?

美人であるにも関わらず彼氏がいない、というのはどうしてなのでしょうか?

もしかするとそれは、男性からすれば決して手の届かない存在だと思われているからなのかもしれません。

あまりに美人であると、男性側が声をかけにくくなってしまいます。美人だからどうせイケメンがいくらでも声をかけてくれるだろうと思うわけです。

こうした傾向というのは可愛い系の女性よりも、かっこ良い女性に多かったりします。しっかりと独立した部分を持っている、一人でも生きていけるタイプの女性にはこのような傾向は強いといえます。また、ルックスの良い女性というのは自分のルックスに自信を持っているので、その自信が見た目に現れているのです。

そのような自信が知らず知らずのうちに態度などに現れて、男性をどんどん遠ざけてしまっているのかもしれませんよ。

■良い恋愛がない
美人な女性というのは意外なくらいにたくさん損をしているものです。例えば、顔目当ての男性が近寄ってくる、ということが挙げられます。学生時代などの恋愛経験の少ない時に自分の容姿だけをみて好きになるような男性と恋愛をして、ひどく傷つけられてしまうとトラウマになります。そして、自分に近づいてくる男性に対してはなかなか信用できなくなってしまうことがあるのです。自分から男性に対して壁を作ってしまい、男性が近寄ってくれなくなってしまうわけです。

また、美人な女性というのはその容姿からストーカーに合ったり、セクハラの対象になってしまうことが多いために男性へのガードが固くなってしまうというのも仕方がないかもしれません。とはいっても、美人でなおかつガードが固い人なのであれば、大半の男性がアプローチすること自体を諦めてしまいます。

跳ね返されても食い下がらない男性もいますが、それでも何度もアピールをしているとやっぱり引いてしまいますよね。

■ナルシスト
美人な女性というのは小さい頃から可愛いと褒められてきたために自分は可愛くて、素敵な女性であると思っているのです。ナルシストというのは自分以外のものにはあまり興味を持っていません。そうなると、恋愛などに興味を持つことができず、他人から見た自分の印象なども全く気にしません。美人であるにも関わらず、どこかがさつでいまいち魅力を感じないということがあるのです。

■性格が悪い
どれだけルックスが良いとしても性格が悪いのであれば彼氏はまずできません。仮に彼氏ができても長続きすることはないでしょう。男性でも顔だけではまずモテませんし、それは女性においても同じなのです。

美人なだけに、性格が悪いとなると相手に与える衝撃というのは相当なものになります。ルックスが良いだけに性格の悪さは際立つわけです。

美人であるにも関わらずなかなか彼氏ができないというのは、もしかすると美人であるにも関わらず内面が酷いのかもしれません。美人であるというのはそれだけで大きな武器になりますが、場合よっては美人であるが故に悪い部分が目立ちすぎるということもあるのです。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク