男女の恋愛脳のまとめ!これを理解すれば幸せになれる!?

男性はすぐに結果を求めたがります。「要件は?」「結論は?」「で、結局何が言いたい訳?」「で、どうするの?」「感情論を聞いているんじゃない、結論としてどうしたいのか聞いている」「何で何も言わないの?」「反論ないの?」…こんなセリフ、身に覚えのある男性は…決して少なくないでしょう。

まぁ、男性らしいと言えば男性らしいのですが、このようなセリフを言ってしまう男性は…一時的には恋人や奥さんがいたとしても…いつかは一人になってしまう方は多いですね。若いうちだけで、年を重ねるごとに丸くなっていく…このような方は、独りになる可能性もぐんと減りますが、残念なことに、男性脳の本能バリバリに生きてしまい、何年経っても同じようなセリフを言ってしまう男性の多くは、結果的に1人ぼっちになられてしまう傾向があるようです。

女性は、このようなセリフを放つ男性を極力嫌います。なぜなら…女性脳が拒絶反応を示すからです。女性は感情的…と言われがちですが、その感情のなかには、自己愛精神の感情と同じくらい、相手への思いやりが込められているものです。

なぜなら…女性脳が拒絶反応を示すからです。女性は感情的…と言われがちですが、その感情のなかには、自己愛精神の感情と同じくらい、相手への思いやりが込められているものです。このことを把握して、できるだけ女性脳の仕組みを理解するよう心掛けてみましょう!

一方、女性の多くの方は男性に気に入られたいと思っていると思います。何も否定したり拒絶することはありません、心の中や頭の中なんて口にさえしなければ人は分からないのですから。少しでも男性の視線や注目を気にしていなければ…お化粧や服装なんてこだわることもないでしょう。必要最低限の清潔感と身なりをしていれば、社会的には何の問題も支障もないのですから。

また、少しでも男性を意識していなければ…恋愛に関する記事に目を通すこともないはずです。男性の視線を気にすることは何も悪いことでも恥ずかしいことでもありません。男性がいなければ感じられない女性の幸せというものは、確かに存在するのですから。

しかし、男性に気に入られる最も大切なことに気付かない女性が多いのが…残念でなりません。男性に気に入られるためには…好きな男性と楽しい時間を多く過ごすためには…女性脳では計ることのできない“男性脳”について、多少なりとも把握しなければ、結果的には女性脳の独り歩きになってしまい、男性脳を持っている男性から…最悪の場合、嫌われてしまう可能性だってあります。

男性脳の多くは“理論的”です。結果論を求めるものです。この点をしっかりと踏まえて、会話をする際にも、行動を共にする際にも、女性脳特有の“回りくどい言い方”や、“自分を守るための小さな言い訳”を、出来るだけ日常生活から排除するよう意識してみましょう!

今回のお話はともに男女の統計的な結果論に過ぎませんが、多くの男女に当てはまる事柄であるので、このことを意識しているか、していなかでは…今後の皆さんの恋愛を大きく左右させるものになると思います。ほんの少しの意識改革で、幸せな恋愛をすることが出来る可能性は大きですよ!ぜひ参考にしてみていただきたいと思います!

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク