寂しい恋をしないために

「恋がしたい」と言いながら、“恋に恋している”人が増加している方は、決して少なくないと思います。恋に恋して、恋人を作ってしまう方…気持ちも分からなくはありませんが、現実は思い通りに行かないことが多いのです。その人を好きになったから恋人になった、という過程がなく、恋に恋して恋人を作るということは…自分の妄想の世界に、無理矢理リアルな人間を引きこんだ、ということだけなのです。

その妄想恋愛に付き合うのが楽しいと思ってくれるような相手なら良いのですが、好きになったから恋人になったという相手なら…決して綺麗な終わり方にはなれないことが多いので、気をつけてくださいね。相手も自分も傷付けてしまうような結果になる危険性も大きいのですから…。

そりゃあ人間、1人が良いと本気で思っている人は…そうそういませんよ。本当に1人で良いと思っている人は、よほど熱中できる仕事や趣味がある方や、よほどの人間嫌いか…になってくるでしょうね。口では「1人が良い」と豪語しているような人の多くは、別に恋愛をしたくないとか、愛されたくない…なんてところまでは思っていないものであるのです。

ただ、そのほとんどが…本当は心の奥底で、「1人にはなりたくない…」と思っていると思います。そのせいで、恋に恋をしてしまう方もいらっしゃるようですね…。何だか悲しい時代だなぁと感じずにはいられませんよ。

少し前に、恋愛に興味がある、好きな人がいる、恋人がいる…そんな恋愛に関して多少なりとも意識がある方々からしても、信じられない話だとは思いますが、恋愛に興味が持てなくなってしまった人はほんの1部ではなく、恋人がほしいと思っている人たちと同じくらい、恋人はいらないと思っている人たちがいる…という統計を、あるテレビ番組で見た記憶があります。

女性誌にも同じようなことが書かれていたり、恋愛相談所にも恋愛に脅威が無くなってしまったことに危機感を感じた相談者が増えていると言う実態もあるそうです。不況の嵐が吹き荒れ、ゆとり世代の若者が増え…人に合わせて恋愛をすることすらも出来なくなってしまっている方々は。本当にたくさんいらっしゃるそうです。幸せな恋愛を求めるなら…絶対に“自分を見失わないこと”、“自分らしさを忘れないこと”を徹底してください。相手の状況・状態に合わせてばかりいては…結局は都合の良い相手で終わってしまうことが多いのですから。

寂しい、悲しい、辛い、苦しい…このような状態を一人で抱え込んでまでも恋人との関係を維持しようと自分をごまかしていては、絶対に幸せな恋愛を手にすることは出来ないですよ!判断をするのは自分です。自分を守るのも、自分を幸せに導くのも…自分で判断した結果にゆだねられていること、しっかりと把握しておきましょう!

恋に恋する…そいうことに慣れ過ぎてしまっている方は大勢います。このことをきちんと把握し、自分自身で危機感を持って、そんな感覚から一歩踏み出す勇気を持っていただきたいと思います。一歩足を踏み出せば…理性が飛んでしまうような本能が反応するような恋愛をするチャンスだってあるのですから!

恋愛は楽しいものです、この感覚を知らない方が…1人でもいなくなって、皆が明るい人生を歩ければ…日本も世界に誇れるような素敵な世界になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク