婚活より恋活

婚活とは、結婚という目的を達成するために活動すること。恋活にも色々ありますが、20代前半で婚活パーティーや婚活のイベントに行ってしまうと浮きます!

一度、婚活パーティーに行ったことのある人ならわかりますが20代前半の人はかなり少ないです。理由としては、社会人になって間もないので1回5000円ほどする料金設定が高すぎるのです。1回の参加でいい人が見つかればいいですが、ほとんどの人が1度ではうまくいきません。

何度も行く余裕はない人が多いはずです。女性は少し安めの設定ですが、それでも1000円安いくらいです。また、あなたが経済的に余裕があったとしても20代自体が少ないので、かなりの運がなければあなたの理想の人は見つかりません。

20代といえども、婚活は早く終わらせたいし、できれば理想の相手を早く見つけてしまいたいものです。しかし、同じ婚活をしている人でも上手くいく人と上手くいかない人がいます。外見が重要という人もいますが、いくら外見が良くても内面が悪ければ初めだけでカップルにもなれません。

30代になると結婚という意識がより強くなります。さらに親に突っつかれたり・・・周りの友達が結婚して子供ができて、となってくると余計にです。しかし20代のうちは恋愛に集中しましょう!

婚活では自己申告のプロフィール、条件で相手を選ぶことになります。もちろん、それで相性のいい人と出会って幸せな結婚生活を送れる人もいます。でも、この条件で選ぶことに心がついていかずに、迷ったり悩んだりするうちに婚活に疲れてしまう人も多いのです。

男性も女性も婚活を始めると、お金も時間もかかるし、できるだけ早く「この人!」だと思える人と約束を交わしたいのが本音でしょう。条件で選んだ相手、紹介された人と一緒に生活できるかどうか判断していくのが婚活。

婚活を考えすぎると相手に求めるものばかり見てしまい、あなたとの価値観の違いや相性を忘れがちです。長く付き合っていくことのできる「自分に合う人=フィーリング」の合う人を見つけましょう。長続きしないと結婚どころかすぐに破局してしまいます!結婚は、付き合っているうちに嫌でも意識するようになります。結婚したくないと言っている人だって意識しているからこそ「嫌だ」と思うのです。

理想の結婚をするには、まず一緒にいて疲れない人を見つける必要があります。趣味、好きなものなど同じ共通点の多い人といると自然とストレスもたまりません。恋愛の延長線上に結婚があることを忘れないようにしましょう!自分の気持ちや恋愛感情を大切にしながら幸せになりましょう。

恋愛体質と呼ばれる人達は、つねに恋のアンテナを立てていて合図を見逃しません。相手の気持ちに気づけるように心を配り、自分のことを理解してもらうために言葉や態度で伝えていくこと。1つ1つの出会いを大切にして、日常生活の中で恋愛力を鍛えることから始めてみませんか。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク