異性に対して決して言ってはいけない言葉たち

異性に対して決して言ってはいけない言葉たちが存在します。これは恋愛関係において重要ですし、モテ人生になるためにも大切なポイントになってくることでしょう。

今回は、異性に対して決して言ってはいけない言葉たちをまとめてご紹介させていただきます。皆さんの恋愛生活に上手に活用してくださいね!…さて、まずは男性編のポイントからお話させていただきます。多くの男性は単純である確率は高いです。…ということは、つまりですね、逆の見方をすれば“傷つきやすい、怒りやすい”割合も高いということになるのです。

男性に好意を持ってもらおうと頑張っている中、相手の気分を害してしまって嫌われてしまう女性も少なくないでしょう。「そんなにモロいもんなの?」と、呆れ顔をなさってしまう女性の方、そうではありません。モロいとか強いとか、そういう物差しで測ることではないことを、まずは理解しましょう。

概要をまとめれば、コンプレックスを意識させてしまうような言葉、他の男性と比べられている言葉、自分自身を否定されているような言葉、これらの言葉を自分に向かって発してくる女性に、男性は負の感情や意識を持ってしまう可能性が大きすぎるので、会話の際には少しでも意識してみるのも良いでしょう。

次に女性編ですね。女性に関する危険ワードは…外見に関することになるでしょう。女性は、とにかく外見に関することを言われると不快感を持ちます。それが純粋な褒め言葉であるならば何の問題もないのですが、少しでも良くして上げようとの気持ちを入れるのはダメですね。「太った?」はいちいち聞くこともないでしょう。たとえ太ったとしても、その会話の先に何があるのでしょうか?

太ったことは当の本人が誰よりも把握していることなのでしょうから、男性が口にすべきことではありませんね。また、「(肌荒れしている女性に向かって)最近、不摂生なんじゃない?ビタミンC取ったほうが良いよ!」…も、余計なお世話でしょう。鏡は毎日見ているはずですから、そんな気にしていることを直接言われて気分を害さない女性はいません。その言葉を使うなら、エステのチケットをくれるとか、高級スキンケアグッズと一緒にあげてください。「その服は似合わないよ!」は、完全な個人的好みの押し付けではないでしょうか?その場で着替えることも出来ないのですから、思っていても口にしない方が良いですね。

気になる女性と会話をする際は、「良かれと思って…」とか「こうした方がもっと良くなると思って…」などは、本当に余計なお世話と感じてしまう女性が多いことを意識して会話することを心掛けることが大きなポイントとなるはずです。

愛情は…なかなか相手に伝わりにくく相手も受け止めにくいものです。恋人関係に関わらず、少しでもバランスが崩れてしまうと溝ができますよね?小さな溝はすぐに埋めないとどんどん人がってしまうでしょう。溝が広がれば広がるほどに相手に対して疑心暗鬼になってしまい、相手を“信じる”ということができなくなってしまいます。相手を信じるため、信頼するためにも、NGワードを徹底して避けるよう意識し、相手の真意を受け入れる努力を続けていくことが、モテ人生・円満カップルの秘訣でしょう!

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク