結婚感覚を操作すれば…結婚できる!?

年齢を重ねた恋人たちの結婚意識には大きな壁が出てしまうことも…仕方ないと言えばしかないでしょうし、当たり前と言えば当たり前なのかもしれません。

結婚したいのに相手がその気になってくれないことに悩まれている方も多いでしょう。また、結婚できない女たち…なんて陰口を言われてしまっている女性もいるでしょう。このことをただ嫌に思うだけでは何も始まりません。

まず、そんな現状から抜け出したいと本気で思うなら…現状をしっかりと受け止めることから解決が見えてくるものです。

逃げたくなる気持ちも分かりますが、心当たりある方こそ…現実を受け止めて、そこから幸せな結婚を手にしていただきたいと思います!

まず、結婚したいのに相手がその気になってくれない理由としては大きく2つに分けられてきます。これは、「結婚と言う責任がまだ重く感じられる」ですとか、「今現状付き合う相手としては良いけれど、結婚相手としてみていない…」というパターンですね。

1つ目は…まぁ納得すべきところはありますが、2つめに関しては失礼な話ですよね。結婚を意識している相手に向かっては口が裂けても言えない言葉でしょう。

「結婚はしたいけれども、結婚相手は今の恋人ではない」と言う方は…驚くかもしれませんが案外たくさんいらっしゃるようです。

その一方、結婚できない女たちと呼ばれるようになってしまう原因とは、大きく2つに分かれます。

まず1つめに、自分の妄想が進み過ぎてしまわれた方です。相手に求める理想が高すぎて、誰が聞いてもそんな人いる訳ないじゃないと怒鳴られてしまいそうな理想像を掲げている方です。

「自分はそこまで理想は高くない」と言い切る方でも、相手の“許せない行動・言動”はどのくらいありますか?

その数が多いほど…高い理想を持っていることになるのです。ある意味、恋愛潔癖症と言っても過言ではないかもしれません。

次に、超ネガティブ思考の女性です。どんなに素敵なことも嬉しいことも、何かあるんじゃないかと疑ってしまうような方ですね。彼が少しでも連絡できないとき、すぐさま浮気を疑ってしまうような暗い考え方しか持てない方です。

これじゃあ結婚なんてしたら、どんなに恐ろしいことになるかを想像した男性は…逃げたくなってしまうでしょうね。ここを意識して、恋人に恐怖を与えないようにすることが結婚への第一歩に繋がるというものです。

男性へ恐怖を与えず、この話を逆手にとって男性に安心感を与えられるようになれば…実はこの段階で、もう結婚へ向けてのコントロールは7割方完了するでしょう。

結婚したい気持ちは…1種の願望ですが、願望とは時に大きな力を発揮してしまうものです。しかも、その力は…良い方ではなく悪い方向に走ってしまう傾向が多いので…逸る気持ちが出てしまった方は、なるべく感情を抑える努力をしましょう。

自分はそこまでの感情は持っていないと思っていたとしても…思っている以上に大きな感情が働いてしまっている時ってあるものですよ。

そこに気付かず…願望が『強く出てしまうことで相手に恐怖を与えてしまい、手に入るはずだったものがなくなってしまったとしたら…こんなにもったいない話はないですよ。結婚を意識されている方は…十分に気をつけてくださいね!

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク