恋愛トラブルによくある話

恋愛トラブルに…三角関係ってよくありますよね?最近はこの手のトラブル相談も多くなってきました。

皆さんは、もし、恋人がいるのに他の人から告白をされてしまったら…どうしますか?

まぁ、とりあえずは喜んでしまいますよね?そりゃあ人間ですもの、好意を持たれて喜ばない人なんて、よっぽどの変わり者でもない限り…いないのではないでしょうか?

そんな時は嬉しさ反面、戸惑いの気持ちで何だかとても不思議な感覚になることでしょう。

今の恋人と別れて、告白してくれた人との恋愛生活を妄想してみたり、別れ話をする際の今の恋人とのやりとりを妄想したり…頭の中で考えるだけなら何も問題はないのですから、色んな妄想にふけってしまうかもしれませんね。私の場合は絶対にそうなります。

…って、まぁ私の場合、トラブルが面倒なので、恋人がいる時には他の人に必要以上の好意を持たれないようにしたり、持たれた好意を決して自分に伝えさせないようにしたり…色々と小さな工作はしますけどね。

波乱万丈とまでは言いませんが、色んな恋愛や人間関係を経験することが好きな方は、大いにこの恋愛トラブルに巻き込まれてみるのも悪くは無いかもしれません。

しかし、そのトラブルによって引き起こされるであろう様々な支障を乗り越える度胸がある方に限ります。

また、多少なりとも精神的ダメージはあるでしょうから、そのダメージを緩和できるだけの精神力も必要となってくるでしょうね。

恋愛における人間関係って、そんなに簡単に済むような話ではありませんからね。安易に考えて、浮ついた気持ちで行動してしまうと、取り返しのつかない事態になってしまう危険性もあるということ、しっかりと把握しておきましょう。

好きになった人に恋人がいるにも関わらず…好きになった人と一緒に帰りたいとの思いから帰りに待ち伏せをしてしまったり、相手が出かける場所へことごとく出没したり…。

こんな行動の繰り返しでは、その人の性格を知って仲良くなるなんて段階は踏めません。

ましてや相手には恋人がいるとしたら…ただただ一方的な感情を押し付けられているとの先入観だけが残ってしまうものです。

…そうなのです、まっすぐで一途な人間が陥りやすいストーカーへの道とは、まっすぐな自分の感情だけを大切にし、相手の気持ちを考えない“一方通行”にあります。

一途だけでは…恋愛は上手くいかないものであることも…これまた事実なのでしょうね。

好きになった人に恋人がいて、自分の真っ直ぐな感情が抑えられなくなる…このことは分からなくもありませんが、その感情を押し付けるような行動をとってしまったら…相手にとっても自分にとっても、決して良い結果は来ないこと、これもきちんと把握して…自分なりに精一杯、そして正々堂々と相手に基地を伝えられる手段を考えて行動しましょう。

下手にストーカーになってしまうより、よっぽど望みの確率が増えると思いますよ?

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク