恋愛で気をつけるべきこと

恋愛の道は平坦ではなく、山あり谷あり。そして時には落とし穴も…。何処にどんな穴があるか知っておけば、不用意に落ちることもないでしょう。

理想のタイプを聞かれて、まず「優しい人」と答えるような女性は、恋人に対して居心地の良さを求めています。何でも願いを聞き入れてくれる、穏やかな大人の男がいいというあなたは、恐らくちょっとわがままな性格でしょう。

このタイプの女性は、自己主張が強く、恋愛では主導権を握って相手を振り回すタイプでもあります。しかし、恋人との関係が長くなってくると、次第に刺激が欲しくなり、いつも自分の言いなりになってくれる彼がつまらない男に思えてくるかもしれません。

優しい彼が、いつしか物足りなく思えてくる。それがあなたの恋の落とし穴です。穏やかな彼を怒らせたくて、わざと嫌な態度を取ってしまったり、喧嘩をふっかけてみたり。最悪の場合は、ヤキモチを妬かせたくて浮気に走ってしまうことも、あるかもしれません。そのため、「穏やかで優しい大人の男」が理想だという女性は、彼との関係が落ち着いてきたら、恋愛以外に何か自分が没頭できるような、刺激のある趣味を持つと良いでしょう。

また、仕事が第一というような熱血キャリアウーマンの場合は、仕事に刺激がある分、彼の優しさに飽きません。しかし、忙しさを理由にあまりにも彼を邪慳にすると、彼の心も離れていくので要注意。

ユーモアがあって面白く、大勢の中にいてムードメーカー的な役割を果たす男性が理想、という女性は、恋人には一緒にいて楽しい相手を求めています。いつも明るく笑っていられる2人をイメージしているのでしょう。

このタイプの女性は、本人も明るく前向きな思考の持ち主が多いようです。しかし、何か問題が起こった時や、2人を取り巻く環境が変化した時などの対処能力は、若干低い傾向もあります。いつも「なんとかなるさ」「どうにかなるさ」と、風の吹くまま気の向くままにやり過ごしてしまう癖のある人も少なくありません。

そうした局面に遭遇した場合、いつも面白くて明るい恋人の“調子の良さ”が気に障るようになる、というのがあなたの恋の落とし穴。だいたい、ムードメーカー的な存在の男性は、自分が話すほうが得意で人の話を聞くことを苦手とする人が多いようです。するとあなたは、真剣な相談ができない、将来が見えないなどと、先に対する不安を抱くようになるでしょう。

そのため、「明るくて面白いムードメーカー」が理想だという女性は、何か問題が起きた時でも自分の力で対処できる、自立性があると良いでしょう。何か悩んでいても、彼と一緒にいる時は笑って過ごせるような、上手な気持ちの切り替えができると恋も長続きします。

ユーモアがあって面白く、大勢の中にいてムードメーカー的な役割を果たす男性が理想、という女性は、恋人には一緒にいて楽しい相手を求めています。いつも明るく笑っていられる2人をイメージしているのでしょう。

「明るくて面白いムードメーカー」が理想だという女性は、何か問題が起きた時でも自分の力で対処できる、自立性があると良いでしょう。何か悩んでいても、彼と一緒にいる時は笑って過ごせるような、上手な気持ちの切り替えができると恋も長続きします。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク