ネットと現実でのギャップ

一口にネット恋愛と言っても、色々な形があります。ネットがきっかけで知り合い、実際に会ってからお付き合いするケースと、ネット上で恋に落ちて、会う前に付き合いはじめるケースです。

ネット恋愛をするうえで、最大の壁になるのがネットと現実でのギャップです。年齢や見た目はもちろん、性格やしゃべり方なども含めて、このギャップを埋められないネット恋愛は失敗に終わります。

まず、年齢です。ネット恋愛では、大きな年の差恋愛が生まれやすいです。一回り近く年の差があることも、そう珍しくはありません。実際、チャットやネット通話をしている分には、年齢の差は意外と気にならないものです。写真を見ても、恋愛フィルターが掛かっていると、歳よりも若く見えたりしますし、実際に若い頃の写真を送る人もいます。

実際に会ってみると、思ったより老けてる、と感じる事が多いです。それを含めて好きだと思えるのであれば、上手くいくでしょうし、そこで現実について行けなくなれば終わりになります。ネット上では大人で理知的だと思っていたのに、実際会って話すと高圧的に感じる、などのギャップもあります。

もちろん、実際に感じたままの人だったり、歳よりも若く見える人もいるので、この限りではありませんが、多くの場合はギャップが存在することを覚悟してください。

ネット上では甘え上手な彼。現実で付き合うと、それがもの凄く鬱陶しくなることがあります。逆に、知識が豊富で色々なことを教えてくれる大人な彼も、実際にあって付き合ったら説教臭くて疲れてしまうことも。こういった、ネット上ではプラスだと思っていた性格が、実際に付き合ってみるとマイナスになることは少なくありません。

ネット恋愛において最大の難所は、相手が本気なのかが分からないことでしょう。ネットだけと割切って、おままごとのような付き合いをして楽しむ人も多いです。また、その気はないのに恋愛感情をちらつかせて、女性にちやほやされることを楽しんでいるだけの人もいます。

相手がどういった人なのか自分の力で判断できる自信がなければ、ネット上だけでのお付き合いは避けるべきです。その時の恋愛感情や、ドキドキしたりワクワクしたりする気持ちは本物かもしれません。

しかし、先のことを考えなければいけなくなった時、その恋愛感情だけに突き動かされるのはあまりにも危険です。気持ちが落ち着いてきたら、現実的なことを冷静に考えてみてください。

ネットで気に入った人がいたら、ネット上だけで恋愛を完結させるのも良くはありません。遠距離の場合も当然ありますが、1度は必ず会っておくべきです。2人きりでなくてもよいので、オフ会の機会などがあれば積極的に誘って参加してみましょう。

ネットの知り合いから、「趣味の知り合い」まで昇格できれば恋愛を進める上でずっと有利になります。ネット上という点にとらわれすぎず、恋愛に有利な場所へ引っぱりあげる覚悟で向き合ってみてくださいね。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク