ケンカの必要性とは・・?パート1

「結婚」というのは「長い共同生活」でもあります。

「結婚生活」には、楽しことや辛いことが多くあります。

著者も結婚4年目。様々なハプニングに遭遇しましたが乗り越えてきました(笑)

そんな中・・今回は「結婚生活のケンカの必要性について」

・ケンカ=意見の話し合い

「ケンカ」と聞くとあまり良いイメージがありませんよね・・。

大きな声で怒鳴り合う・泣きじゃくってしまうなどと言ったイメージが強い。

でも
「ケンカ」は「お互いを知り合うイイ機会」でもあります。

「ケンカ」はしたことがないカップルや夫婦を聞きますが、それはどうかな?
と感じてしまいます。

「ケンカ」しないことには、ラブラブ状態が続き嬉しいことですが・・。

言いたいことを我慢していませんか?見て見ぬふりをしていませんか?

全く同じ価値観を持つ人間はいないと言われています。

恋愛や結婚生活でも同じことです。

そこで
「ケンカ」しない=「意見」をお互い言わない=「我慢」し合う関係。

→我慢し合う関係は、最終的には「爆発」して破局に繋がる確率が高い!

「我慢」は、何に対しても良くないと言いますよね。
例えば、ダイエットがイイ例!

食べちゃいけない!と食事制限をして「我慢」が募ると「暴飲暴食」して爆発!
=リバウンドしてしまう・・。

「恋愛」も「結婚」も同じです!

「我慢」溜まるに溜まってしまうと・・爆発した時!修復不能状態?!!とも言われています。

「ケンカ」という話し合いをする機会を持つことで「関係が円満」に繋がります。

・修復不能状態?!!になってしまった「ケンカエピソード」

著者の友人Aちゃん。

彼とは付き合って3ヵ月。Aちゃんは、彼に一目ぼれして猛烈アタックし、見事恋を実らせました。

Aちゃんの性格は、はっきり言って「ワガママ」

著者始め、友人からもあまり評価が良くない女の子(笑)

付き合った彼は、
とーっても優しい男性でAちゃんに対しても寛大な心で接する男性。

しかし、Aちゃんの態度を見ていると、やり過ぎでは?と感じてしまうこともありました。

具体的なエピソードとして・・。

Aちゃんは、

必ずデート時間に遅刻する。
=6時間ほどデートに遅刻したこともあると言います。
→彼は、大らかな心で受け止める。

食事の決定権は全て自分。
=アイスをAちゃんが食べれば、彼は食べたくなくても強制的に食べるように義務付ける。
彼が、食べたくてリクエストしても、Aちゃん意見が優先。
彼のリクエストは、デートで一切食べた事がないと言います。
→彼は、寛大な心で受け止める。

自分の思う通りに物事が進まないと、不機嫌になる。
=電車が遅延したり、人ごみで混んでいたり、物理的に仕方が無い状況でも不機嫌になります。
→彼は、見て見ぬふりをして気にしないように心に言い聞かせます。

しかし・・
このような「我慢」は、積りに積って!!「爆発」!!=一方的に別れを告げられ破局・・。

Aちゃんは、泣きついて彼に謝りましたが、あとの祭り状態・・。

彼は、Aちゃんに対し、愛情が冷めていて恋は、もう修復不能!

・このような事態にならないためにも・・。

今回は、Aちゃんに対してのワガママに対し、彼が言いたいことを我慢して、
見て見ぬふりをした結果、爆発し、破局になりました。

=我慢しない=意見を言い合う機会が必要=「ケンカ」とい行事は大切(笑)

「ケンカ」の重要性は、恋愛にも結婚にも必要なことが、少しでも分かって頂けたと思います。

ここで要注意!!!

「ケンカ」も仕方によっては、破局に繋がることもあります!

そこで、ケンカの必要性とは・・?パート2では「ケンカの正しい仕方」を具体的にご案内します。

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク